流産後すぐの妊娠は危険!?

流産後すぐの妊娠は危険!?

子宮の中で赤ちゃんが残念ながら育たなくなってしまって、流産という状態になってしまったら、病院で子宮内の掻把の手術をしなくてはいけません。つまり子宮の中をきれいにする手術が必要になるのですね。その手術は全身麻酔下で行われることがほとんどで、ママの身体にはかなり負担がかかります。また赤ちゃんを流産したという精神的な負担も少なくありません。

 

しかしこの流産後にまた赤ちゃんが欲しいなと熱望し、すぐに夫婦生活を再開、そして妊娠をするという結果になる人もいます。排卵はあるので、予測がつかないので、注意が必要な時期でもあるのです。しかしその場合は、ちょっと危険性があるかもしれないので、注意が必要です。

 

流産後というのは、ママの身体のアフターケアも重要です。手術では子宮を触っているのですから、当然子宮の腫れなどが見られます。しかしそれがしっかり回復しないうちに、排卵などがあると妊娠をすることは可能なのですね。でも流産後の妊娠の場合は、子宮の治りもまだ完全でない場合、また流産の可能性も高いということもあるのです。できればせっかく妊娠したのに、流産はしたくないですよね。

 

そのために大切なことは流産後すぐの妊娠は出来ることなら避けるということが大切です。ママの身体や次の赤ちゃんの成長を願うからこそ、これだけは守りたいことですね。そしてできればアフターケアを受けながら子宮が完全に戻った状態、そして医師からも許可が出て時点での妊活をすることが一番ではないでしょうか?

更新履歴