流産や妊娠何でもQ&A!

流産や妊娠何でもQ&A!記事一覧

流産した後に基礎体温をはかって記録すると、体温が安定せずにガタガタになるという方もいれば高温期がずっと続くという方もいます。安定しないのが普通です。まだ体のホルモンバランスが崩れている状態なので通常の生理が戻ってくるまで安静に過ごしましょう。高温期が続く場合はどんな状態?流産した後にいつまでも高温期が続くという場合は、体がまだ妊娠中と勘違いしている状態です。妊娠検査薬で尿にあるhCG(ヒト絨毛性性...

注射と薬だとどちらかというと注射の方が効果が高いですが、その分副作用も強く出やすいため注射を嫌う方もいます。副作用のこともきちんと把握した上で使用していきましょう。もちろん薬や注射を使わなくても流産予防する方法もあります。流産予防の注射って?副作用はあるの?流産予防の注射は黄体ホルモン注射(hCG注射)といいます。どちらかというと流産予防というよりは不妊治療の意味が強い注射です。黄体ホルモンを増や...

葉酸は流産防止効果もあります。そのため、妊娠前から飲み始めることで体質改善ができますし、ストレス軽減の効果も期待できます。体を回復させる栄養補給ができるサプリや食事を合わせてとっていきましょう。葉酸にはどんな効果があるの?葉酸には実は一般的に知られている染色体異常防止だけでなく、たくさんの効果があるものなんです。ストレス軽減効果卵子の質を上げてくれる効果子宮の状態を整える(着床率アップ)胎児の先天...

稽留流産とはおなかの中で赤ちゃんが亡くなってしまっているものの、出血や腹痛などの症状がなにもない状態をさします。そのため妊婦さんも気づくことはあまりなく、診察の際に診断され気づくことがほとんどです。稽留流産はお腹の中に赤ちゃんや組織が残っている状態であり、そのままにしておくと子宮の内容物が外へ排出される進行流産へと移ります。進行流産になると激しい腹痛や大量出血を伴うこともあります。妊娠初期に起こる...

実は流産というのは健康で特に異常がない人であっても起こるものなんです。なのであまり深く考えない方がいいでしょう。流産の回数が多いと体の回復が遅れることもありますので、まずは体と心をゆっくり休めてから次の妊娠を考えるのがおすすめです。どんな人が流産しやすいの?原因は何?健康であっても流産の可能性は10%前後、このリスクはその方の体質や年齢によっても上がってきます。30代では20%、40代になると40...

そもそも流産は誰にでも起こりうる症状です。流産した後にきちんと体力回復して葉酸を摂取しているならば障害はあまり起こりません。障害が起こる確率が上がるというのはほぼ迷信だと考えていいでしょう。迷信に惑わされないで!流産イコール障害の確率が上がると考えている方が多いようです。これは全くの迷信です。あまり気にしない方がいいと思います。どちらかというと、体力回復がきちんとできているか、子宮や卵巣の状態が問...

誰でも流産後は多少なりとは傷つくものです。女性だけでなく、家族も傷つくこともあるでしょう。一人で抱え込んでいるとつらいでしょうから、カウンセリングを受けるなり、妊活をお休みするなど対策を考えてみましょう。誰かに悩みを打ち明けてみませんか?まずおすすめするのはカウンセリングです。病院で普通の診療とは別にカウンセリングを設けていることもあります。病院ではなくても流産専門のカウンセリングを行っている民間...