流産の原因にはどんなものがあるの?

流産の原因にはどんなものがあるの?

妊娠22週までの間に妊娠が継続できない状態になってしまうことを、流産といいます。胎盤が出来上がる過程である妊娠12週までの間に起こることが最も多いと言われています。

 

その種類には、ひとつめに胎児が子宮の中で死んでしまっている状態の流産があげられます。母体にあらわれる症状はほとんどなく、子宮内の胎児や組織を取り除くための手術が必要になります。二つ目に妊娠検査薬では陽性を示したものの、その後生理がきてしまう状態があげられます。

 

受精はしたものの着床できかったという状態で、母体にあらわれる症状もほとんどなく、治療も特にはおこなわれません。その他に妊娠22週未満で出血や下腹部痛を伴い危険な状態になっている切迫流産があげられます。治療法としてはとにかく安静にし、医師の指示に従うしかありません。

 

それでは流産の原因としてはどのようなことがあげられるのでしょうか。そのひとつめに卵巣から分泌されるホルモンが十分に分泌されずに胎盤がうまく作られず胎児が育たないということがあげられます。多くの場合、卵巣の代謝が悪いことが原因と言われています。

 

次に子宮内膜の状態が悪く胎盤が成長できないということがあげられます。近年ではこの原因が最も多く、健康管理をしっかりと行い、子宮の血行を良くすることが大切だといわれています。
また子宮に何らかの異常がある場合にも流産しやすいといえます。子宮の形の異常、子宮筋腫、子宮内膜症などがあげられます。

 

流産しやすい時期については、以下を参照してください。

 

流産しやすい時期