流産後に生理を待たないで妊娠してもいいの?

流産後に生理を待たないで妊娠してもいいの?

とにかく早く妊娠をと考える方もいるでしょう。

 

しかし生理を待たないでいきなり妊娠はおすすめできません。

 

最低でも2回くらいは見送るように医師からも指示があると思います。
焦らずに少しお休みしてください。

 

 

まずは基礎体温・体調を整えましょう!

 

 

確かに流産した後はすぐに生理も来るのでもう大丈夫じゃないかと勘違いしがち。

 

しかし、まだ基礎体温は安定せず、子宮内膜も妊娠に必要な状態にまだ戻っていません。

 

そのため直後の妊娠はおすすめできません。

 

 

まれに流産手術で失敗して感染症になることもあります。

 

自然流産では内容物が子宮に残りがちなので、器具で出しますが、それもごくまれに取り残すこともあります。
そのため、万が一出血、熱が止まらない際は早めに病院に行ってください。

 

こういった失敗がなくても流産直後はデリケートな時期です。

 

普段より風邪やインフルエンザ、子供がかかるおたふくかぜを移されてしまうといったリスクも高いので、しばらくは安静が望ましいですね。
マスクや手洗いも当然ですが、人ごみにはあまり行かないようにしてください。

 

 

流産の原因も調べてみましょう

 

 

また、流産の原因が特定できていないのであればまずはそれを先に調べてください。

 

もしも子宮内膜症などの原因があるなら治療をせずにまた妊娠してもうまくいきませんし、流産を繰り返してしまうと妊娠しにくい体になってしまうこともあります。

 

まずは自分の体の状態を先に知ってください

 

 

心のケアも忘れずに!

 

 

そして体だけでなく、心のメンテナンスも必要な時期です。

 

早く仕事に復帰したいと思ってあまり休みを取らないと体調を崩してしまうことも。
流産後の出血は個人差はあるものの、最低でも1週間くらいは続きます。

 

無理をしないのが次の流産を防ぐ手段です。

 

できたらできる範囲で休養を取って、カウンセリングを受けるなりしてほしい時期ですね。
その方の精神状態によっては妊活自体お休みしないといけない方もいます。

 

状況によっては1年以上間をあけるという方もいます。
医師の指示をきちんと聞いて焦らずに次の妊娠に備えていってほしいですね。時には休むことも必要です。

 

 

 

 

関連ページ

自然流産後の妊活はいつから開始?
流産を経験した女性にとっては、精神的にも肉体的にも辛い思いをしたことでしょう。子供が出来なくて妊活をしていて、せっかく出来た赤ちゃんが流産してしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。自然流産後の妊活はいつから開始すれば良いのでしょう?
流産後の妊活は妊娠率アップ?
流産は妊婦だけでなく、パートナーにもその家族にもとてもショックな出来事ですが、次の妊娠のために前向きに準備を進めるというカップルも大勢います。流産後の妊活は妊娠率アップするって本当!?
流産後の妊活はいつからはじめていいの?
流産後の妊活は本人の体調次第なので、具体的にいつからというのは個人差があります。平均的な意見としては流産した後に生理を2回程度見送ってからの判断です。また基礎体温の安定も判断基準になります。
流産後にできるだけ早く妊娠する方法!
早く妊娠したい、そう思うのであればまずは妊娠しやすい体作り、そしてパートナーの気持ちも考えてあげたいところ。早く、といってもパートナーとの話し合いができていないとうまくいかないからです。