流産後の妊活は妊娠率アップ?

流産後の妊活は妊娠率アップ?

妊娠し赤ちゃんを授かったとしても、妊娠22週までの初期のうちに流産してしまう人はたくさんいます。初期の流産の確率は妊婦全体の15パーセントにものぼり、妊婦の6から7人に1人は流産を経験していることになります。

 

流産は妊婦だけでなく、パートナーにもその家族にもとてもショックな出来事ですが、次の妊娠のために前向きに準備を進めるというカップルも大勢います。
一般的に流産後の妊娠はしやすいといえます。流産により子宮の中が一度リセットされるので、子宮の中が着床しやすい環境になり妊娠力アップといえます。

 

流産後はすぐにでもまた赤ちゃんを授かりたいという気持ちが強いと思いますが、流産後すぐの妊活は避けたほうがよいでしょう。流産直後はまだ子宮の機能が完全に回復していません。いくら子宮が着床しやすい状態にあっても、母体にきちんと胎児を育てる力が戻っていなければ、またすぐに流産してしまう可能性もあるのです。
流産後、妊活をスターとする目安としては、生理を一度見送ってからの方が良いでしょう。生理がくるということは、子宮の働きが戻り、排卵が行われているという証拠でもあります。できれば生理を2から3回見送ると、生理周期が整ってくるので、さらに妊娠しやすく胎児も育ちやすいといえるでしょう。

 

はやく妊娠したいという気持ちはわかりますが、生理がくるまでの間は、夫婦がともに落ち着き、妊娠しやすい体を作るための大切な時間ととらえ、焦らずにゆっくりと過ごしましょう。

 

妊活をはじめる場合は、ピニトールで妊活効果アップ!ピニトール配合の葉酸サプリ「ベジママ」がおすすめです!

関連ページ

自然流産後の妊活はいつから開始?
流産を経験した女性にとっては、精神的にも肉体的にも辛い思いをしたことでしょう。子供が出来なくて妊活をしていて、せっかく出来た赤ちゃんが流産してしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。自然流産後の妊活はいつから開始すれば良いのでしょう?
流産後の妊活はいつからはじめていいの?
流産後の妊活は本人の体調次第なので、具体的にいつからというのは個人差があります。平均的な意見としては流産した後に生理を2回程度見送ってからの判断です。また基礎体温の安定も判断基準になります。
流産後にできるだけ早く妊娠する方法!
早く妊娠したい、そう思うのであればまずは妊娠しやすい体作り、そしてパートナーの気持ちも考えてあげたいところ。早く、といってもパートナーとの話し合いができていないとうまくいかないからです。
流産後に生理を待たないで妊娠してもいいの?
とにかく早く妊娠をと考える方もいるでしょう。しかし生理を待たないでいきなり妊娠はおすすめできません。最低でも2回くらいは見送るように医師からも指示があると思います。焦らずに少しお休みしてください。