流産の確率は以外と高い?注意するべきポイントとは!

流産の確率は以外と高い?注意するべきポイントとは!

流産は若い夫婦(20代)であっても2割程度、40代になると4割以上の確率で起こるもの。

 

つまりは何も珍しいものではないのです。

 

 

原因もほとんどが先天性異常が多く、受精の際にうまくいかない、着床後に育たないといったものが多いので予防は難しいでしょう。

 

流産は珍しいものじゃない!?

 

流産は珍しいものではありません。確かに年齢やストレスなどでリスクは高くなりますが、自分が体を大事にしていないからと自分をあまり責めないのが大事です。

 

たとえ流産したとしても一般的には生理を1回か2回見送れば妊娠できることが普通です。焦らずに医師の指導を聞いてください。

 

ただし、これには個人差があります。なかには半年以上妊娠をストップという指示が出ることもあります。

 

流産後の体力、子宮の回復が遅かったり、検査で子宮の疾患が発見されることもあるからです。その場合は妊娠よりは体を治す方が優先です。無理に妊娠しても流産を繰り返すことになってしまいます。

 

流産を防ぐには?

 

 

体質改善も必要となります。葉酸サプリを始めとして緑黄色野菜、たんぱく質を取ることができる大豆などを中心に食生活を改めましょう。

 

葉酸やビタミンをしっかり取ることで流産防止、染色体異常を防ぐことが可能です。
効果が出るのに3か月から半年くらいはかかりますが焦らずに続けていくことが大事ですね。

 

また絶対に流産を防ぐことができるという保証はありませんが、いくつかの注意点を守ることで予防することはできますよ。

 

カフェインを控えてハーブティーなどのノンカフェイン飲料を飲むこと、喫煙をやめること、ウォーキングなど適度な運動をすることでストレス発散をしてみましょう。

 

ちょっとしたことですが、妊娠の継続には必要なことです。少しずつ実践してみてください。

 

忘れがちなのが男性の妊活です。何も特別なことをしなくてもかまいません。
女性と同じように食生活を改善したり、精神的に不安定な女性をサポートしてあげるだけです。女性側が一人で頑張りすぎてしまうと流産の原因となるからです。夫婦で助けあいがが大事ですよ。

 

 

関連ページ

流産の種類と予防法!
流産にもいくつか種類があります。それぞれの特徴を覚えておくことで予防することももちろん可能です。しかし、予防策をしていても染色体異常などで原因不明の流産をしてしまうこともありますが、誰でもよくあることなのであまり気にしないのが一番です。
えっ!流産を予防する食べ物ってこれ!?
完璧に流産を予防するというのは難しいことでありますが、バランスの取れた食事や葉酸サプリなどで予防するしかありません。特別なものというわけではなく、あぶらっこいものを避けていけばいいのではないでしょうか。
流産予防に運動はした方が良いのでしょうか?
体を冷やすことはあまりよくないのでできたら軽い運動はした方がいいでしょう。しかし、過度の運動は逆に流産の原因ともなりかねないので注意点を守っていきたいところです。どの運動がよくてどの運動が悪いかを考えていきたいですね。
切迫流産しないために気をつけるポイント!
切迫流産を防ぐにはまずは健康とリラックス、安静が大事ですね。体をできるだけ冷やさないようにするなど普段から体をいたわることで十分予防できます。もちろんそういった対策をしてもなることもありますので、その際には早目の受診をしてください。