えっ!流産を予防する食べ物ってこれ!?

えっ!流産を予防する食べ物ってこれ!?

完璧に流産を予防するというのは難しいことでありますが、バランスの取れた食事や葉酸サプリなどで予防するしかありません。

 

特別なものというわけではなく、あぶらっこいものを避けていけばいいのではないでしょうか。

 

どんな食材を食べたらいいの?

 

葉酸サプリを取りましょうということはよく言われることですが、とはいってもサプリだけというわけにもいかないでしょう。

 

あくまでもサプリは食事で足りないものを補助する役割しかありません。
では食生活はどのように気を付けていくべきなのでしょうか。

 

ビタミン、カルシウム、ミネラル、鉄分、たんぱく質をしっかり取っていきましょう。
実はこれくらいなのです。そんなに難しく考えることではありません。具体的な食材をあげてみましょう。

 

 

黒豆

女性ホルモンと同様の働きがあり、流産予防にもなります。血行促進やむくみ予防にも。
そのまま食べてもいいですし、黒豆茶で飲んでもかまいません。ノンカフェインなので飲む時間を選びません。

 

あさり

鉄分、ビタミン、葉酸を含む栄養たっぷりの食材。

 

緑黄色野菜やフルーツ

ビタミンC、E、葉酸などを含む。
ブロッコリー、ピーマン、キウイ、アーモンド、ほうれん草など。

 

卵、大豆、牛乳

たんぱく質をしっかり取ることは丈夫な体を作る基本です。
女性ホルモンの分泌にもつながります。

 

ごぼう、海藻類、おから

お通じが悪くなりやすい時期なので食物繊維も取っておくと腸内環境を整えてくれますね。
つわりのときは飲み物に食物繊維のパウダーを入れてみるなど工夫しましょう。

 

あくまでもおすすめというだけでこれらの食材にそんなに執着することはありません。

 

あぶらっこいものを避けて、お酒やたばこを辞める、カフェインの入ったものは極力取らないといったことを守るだけでいいのです。

 

妊娠をきっかけにして食生活が改善されて健康になったという方も多いですね。
せっかくの機会なので今までの不摂生を改めてみてはどうでしょうか。

 

おやつに甘いものを食べたいという方はドライフルーツ、くるみ、アーモンドといったものを代わりに食べてみましょう。
体にいいし、ゆっくり噛んで食べることで貧血予防にもなるんですよ。

 

早寝早起きを心がけるのはもちろんですが、できればパソコン作業なども控えめにしたいところ。
目の健康を考えてブルーベリーなどを取るのもいいですね。

 

関連ページ

流産の種類と予防法!
流産にもいくつか種類があります。それぞれの特徴を覚えておくことで予防することももちろん可能です。しかし、予防策をしていても染色体異常などで原因不明の流産をしてしまうこともありますが、誰でもよくあることなのであまり気にしないのが一番です。
流産の確率は以外と高い?注意するべきポイントとは!
流産は若い夫婦(20代)であっても2割程度、40代になると4割以上の確率で起こるもの。つまりは何も珍しいものではないのです。原因もほとんどが先天性異常が多く、受精の際にうまくいかない、着床後に育たないといったものが多いので予防は難しいでしょう。
流産予防に運動はした方が良いのでしょうか?
体を冷やすことはあまりよくないのでできたら軽い運動はした方がいいでしょう。しかし、過度の運動は逆に流産の原因ともなりかねないので注意点を守っていきたいところです。どの運動がよくてどの運動が悪いかを考えていきたいですね。
切迫流産しないために気をつけるポイント!
切迫流産を防ぐにはまずは健康とリラックス、安静が大事ですね。体をできるだけ冷やさないようにするなど普段から体をいたわることで十分予防できます。もちろんそういった対策をしてもなることもありますので、その際には早目の受診をしてください。