切迫流産しないために気をつけるポイント!

切迫流産しないために気をつけるポイント!

切迫流産を防ぐにはまずは健康とリラックス、安静が大事ですね。

 

体をできるだけ冷やさないようにするなど普段から体をいたわることで十分予防できます。

 

 

もちろんそういった対策をしてもなることもありますので、その際には早目の受診をしてください。

 

切迫流産を防ぐポイントを見てみましょう!

 

どんなに食生活や生活習慣を気を付けていたとしても流産を完全に防ぐというのはとても難しいことです。

 

特に最初の受精の時点で染色体異常、奇形、生まれ持っての体質などで流産してしまう事も珍しくありません。

 

もちろんこういった先天性異常がない場合は防ぐポイントはいくつかありますのでできる範囲で行ってみましょう。

 

ストレス発散をする

 

ストレス発散方法をみつけましょう。過労、睡眠不足を防止してゆったり過ごせると一番いいですね。

 

激しい運動はできないまでも、軽いウォーキング、おなかや腰をひねらないストレッチなどできることはあります。
ハーブティーを飲んだり、本を読んだりしてもいいですね。

 

体を冷やさない

 

体を冷やさないように気を付けましょう。夏の冷房対策、冬は上手に重ね着をして体を温めたいですね。

 

安定期に入れば温泉に行くこともおすすめです。
日帰りでお出かけしてみてもいいと思います。

 

お酒・たばこ・刺激物を控える

 

お酒、たばこ、刺激物(極端に辛いものなど)はできるだけ控えてください。

 

ノンカフェインのお茶を飲んでみたり、ドライフルーツなど噛みごたえのあるものを用意しておくと便利ですよ。

 

気になることがあれば医師や詳しい人に聞いてみましょう

 

 

不安な気持ちがあれば、遠慮なく医師や実家、友人などに相談してみましょう。

 

切迫流産も最初は自覚症状がないことも多いため、少しでも体調の変化に気づいたら相談というくせをつけておくと安心ですね。

 

定期的に妊婦検診に出かけているはずなのでその時に相談するのもいいでしょう。

 

腹痛やおりもの、出血が長期化しているといった症状が続く場合は早めに病院に相談してください。

 

絶対にこれらの症状が切迫流産と決めつけるわけではありませんが、他の病気の可能性もありますので重症化してしまう前に検査しておけば大丈夫です。

 

相談、受診、検査をきちんと繰り返すことで切迫流産を上手に防ぎたいですね。我慢をしないことが大事です。

 

関連ページ

流産の種類と予防法!
流産にもいくつか種類があります。それぞれの特徴を覚えておくことで予防することももちろん可能です。しかし、予防策をしていても染色体異常などで原因不明の流産をしてしまうこともありますが、誰でもよくあることなのであまり気にしないのが一番です。
流産の確率は以外と高い?注意するべきポイントとは!
流産は若い夫婦(20代)であっても2割程度、40代になると4割以上の確率で起こるもの。つまりは何も珍しいものではないのです。原因もほとんどが先天性異常が多く、受精の際にうまくいかない、着床後に育たないといったものが多いので予防は難しいでしょう。
えっ!流産を予防する食べ物ってこれ!?
完璧に流産を予防するというのは難しいことでありますが、バランスの取れた食事や葉酸サプリなどで予防するしかありません。特別なものというわけではなく、あぶらっこいものを避けていけばいいのではないでしょうか。
流産予防に運動はした方が良いのでしょうか?
体を冷やすことはあまりよくないのでできたら軽い運動はした方がいいでしょう。しかし、過度の運動は逆に流産の原因ともなりかねないので注意点を守っていきたいところです。どの運動がよくてどの運動が悪いかを考えていきたいですね。